その他

★高橋一生の鼻の傷は手術痕?

投稿日:

数々のドラマや映画に出演し、大ブレイク中の高橋一生。

その、高橋一生さんの鼻には傷があり、整形?との噂もあるようです。
高橋一生さんの鼻の傷跡が気になっている方が多いようで、「事故の傷?」「病気?」「手術の痕?」など多くの憶測も出ているようですが、その真相はどうなのでしょうか??

 

 

スポンサーリンク

 

 

高橋一生さんのプロフィール

※http://netdeuwasano.com/1321/より引用

名前:高橋一生(たかはしいっせい)
生年月日:1980年12月9日
出身地:東京都
血液型:O型
身長:175cm
職業:俳優

 

1990年、ドラマ『ニューヨーク恋物語II・男と女』で10歳で子役デビュー。

※http://maaa-day.com/archives/816より引用

テレビドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(2000年、03年)などで知られる俳優。
声優として、映画『耳をすませば』で主人公の恋人・天沢聖司役を演じた。
その他の代表作にホラーコメディ特撮ドラマ『怪奇大家族』(04年)など。

 

堀越高等学校卒業。
V6の岡田准一と同級生で仲もよく、いつか一緒に仕事をしたいとお互い語っていたそうです。
念願かない『軍師官兵衛』で初共演。
ちなみに…撮影期間中、高橋一生さんは岡田のことをプライベートでも「殿」と呼んでいたそうです笑

 

スポンサーリンク

 

 

高橋一生の鼻の傷跡の理由

高橋一生さんは2008年頃に、鼻にデキモノができた事が気になって高橋一生は病院へ行ったそうです。
ところが、診察を受けた医者から「すぐに手術をします」と深刻な診断結果がでてしまいます。

 

高橋一生はただのデキモノだと思っていましたが、実は腫瘍だったのです。

 

 

手術の方法も、メスを鼻の外側(表面)から入れる手術であることが説明され、傷跡が残ってしまう可能性が高かったようです。
俳優という仕事柄、顔に傷跡などはつけたくなかったと思いますが、予断を許さない状況であったため、高橋一生は手術を決断したようです。

 

手術の結果とその後の経過は?

2009年に高橋一生は手術を受け、俳優業に復帰。
手術は成功したのですが、やはり手術の傷跡は残ってしまいました。

 

★手術前の高橋一生さん

※http://maaa-day.com/archives/816より引用

 

★手術後の高橋一生さん

※http://maaa-day.com/archives/816より引用

 

手術後すぐはどうしても傷が目立ってしまうので、アップで顔が映されるドラマや映画ではなく、舞台に出ていたようです。
そして、傷痕が徐々に目立たなくなった2010年頃から徐々にテレビ活動と舞台を中心に活動していきます。

 


 

 

 

高橋一生の鼻の腫瘍ってなんだったの?

高橋一生がただのデキモノと思っていた、鼻の腫瘍って一体何だったのでしょうか?

 

俳優生命も危ぶまれるような、顔の中心にできた腫瘍…
しかも、診察を受けた医者から「すぐに手術が必要」と言われた腫瘍ってなんだか怖いですよね。

 

で・す・が!
高橋一生の腫瘍は粉瘤(ふんりゅう)という良性の腫瘍だったそうです!

 

良性なので放置しても問題はないそうですが、大きくなって破裂してしまう可能性もあるのだそうです。
高橋一生は俳優であるため、手術を決断したのでしょう。

 

 

高橋一生の鼻にできた粉瘤(ふんりゅう)とは?

本来新陳代謝で排出されるべき角質や皮脂などの老廃物が滞留し、皮膚の下に袋状のものができてしまう病気です。
この病気は、年齢や男女問わず、誰にでもできる可能性があるそうです。

 

治らないニキビのようなもので、自然に治ることはありません。
放置すると肥大化するおそれがあるので、治療して除去する必要があります。

 

粉瘤が小さいうちに手術をしてしまえば傷は目立ちませんが、高橋一生さんのように粉瘤が大きくなってから手術をすると、傷跡が残ってしまうのだそうです。

 

皮膚の下にできるもので、高橋一生さんのように顔にできることもあれば、背中や足などにできることもあるそうです。

取り除かないと癌になるリスクもあるので、粉瘤ができたらすぐに取り除きましょう!

 

 

スポンサーリンク

-その他

Copyright© 高橋一生さまさま★ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.